BLOG

テストステロンダイエットのポイント

今回はテストステロンダイエットのポイントをご紹介したいと思います。

※ライターさんへ、記事内容、写真、プロフィールの使用OKです。

20170223_115029333_iOS

よく自己流のダイエットでリバウンドしたり失敗する原因は、基本的に男性ホルモンが大きく関わっています。
ダイエットというとカロリーを減らして野菜メインの生活をイメージする方が多いですが、その生活を続けていくと疲労感が抜けなかったり、
モチベーションが下がっていくという話をよく聞きます。これは脂質を減らした食事を続けてしまうことで男性ホルモンが低下している可能性があります。
男性ホルモンが低下してくると筋肉が低下しそれによって代謝が落ち、さらにモチベーションが下がりやすくなります。
ダイエットで最重要な要素は男性ホルモンがカギを握っていると言えますので、いかに男性ホルモンを高く保てるかという事を
テストステロンダイエットでは行っていきます。
基本的に女性が男性化するということは起こりえませんのでご心配なく。

1、ココナッツオイルとタンパク質中心の食事内容に変える

5e9668a6888f4055a102fbd402138adc男性ホルモンは脂質から作られます。ココナッツオイル、卵黄、ナッツ類、肉などを積極的に摂りましょう。特に欠かせないのがMCTオイルまたはココナッツオイルを積極的に摂りましょう!テストステロンダイエットでは毎日大さじ2杯を2回~3回摂ることを勧めています。

ご飯や麺類などの糖質を摂ってしまうと男性ホルモンの分泌量が低下してしまうため糖質はカットします。

2、豆腐、納豆、豆乳などは控える

e51m_7563納豆や豆腐などは女性ホルモンを活性化させるイソフラボンが入っています。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするため脂肪がつきやすくなります。テストステロンダイエットの時は一時的にカットしましょう。

3、下半身を中心に筋トレを行う

man-1282232_960_720実は下半身は全身の筋肉量のうち約7割をしめています。優先的に下半身を鍛えていくことで代謝が上がりやすくなり男性ホルモンが高まります。
トレーニングの順番は下半身、上半身、お腹の順がオススメです
例 スクワット→腕立て→腹筋

4、ストレスを減らす

kb_0023男性ホルモンはストレスによって低下してしまいます。好きなことをしてストレス発散するといいでしょう。
ダイエットを行うにあたってストレスが溜まりやすい方はメンタルトレーニングをプロから受けるのもいいでしょう。

以上がテストステロンダイエットのポイントになります。まずは少しずつでもいいので筋トレと食事を意識してみてはいかがでしょうか。

20171216_032620000_iOS

講談社/燃焼系ホルモンでやせる!すごいダイエット

全国書店、ネットで発売中!Amazon購入ページ

owner01代表 田中 賢

脳科学、運動力学、栄養学の観点から短期間での-25kg減量や筋力増強を可能にするメソッドを創案。
(テストステロンダイエット®)を提唱。
ボディメイク、メンタルトレーニングを総合指導。
<著書>
■講談社/燃焼系ホルモンで痩せる!すごいダイエット
<メディア出演実績>
■テレビ朝日/ぽっちゃりママのダイエット奮闘記
瀬山ママ担当トレーナーとして2か月で-15kg達成
■TV番組ガールズハッピースタイル
キャスト(梅宮アンナ、あびる優、ピカ子)

 

2ヵ月半で25kg減量実績あり。TV出演多数、各メディアでテストステロンダイエットで話題の埼玉県さいたま市浦和区のパーソナルトレーニング専門プライベートジムのビアンカ。
本格ボディメイクスタジオ BIANCA公式ホームページ
http://tc-bianca.com/
ご予約はお電話もしくはホームページからお願い致します。
048-833-0441

カテゴリー: ブログ / メディア紹介  
Top