top of page

なぜ糖質は太る原因なのかを解説!

埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分、2ヶ月半-25kgメソッドのパーソナルトレーニングジムBIANCAです。

糖質

糖質は太る原因として言われることがあります。ここでは、なぜ糖質が太る原因とされるのかについて解説します。


糖質とは、私たちの身体にエネルギーとして使われる主要な栄養素の一つです。主に炭水化物に含まれるブドウ糖や果糖などが糖質の代表的な形態となります。糖質は私たちの身体に取り入れられると、体内でブドウ糖に分解され、エネルギーとして利用されます。


しかし、摂取した糖質の全てがエネルギーとして消費されるわけではありません。糖質の一部は、身体が必要としているエネルギー量を超えた場合、脂肪として蓄積されることがあります。つまり、糖質の摂り過ぎや、過剰なエネルギー摂取につながると、脂肪として体内に貯め込まれる可能性が高まり、結果的に太りやすくなるのです。

インスリン

また、糖質の摂取によって血糖値が急上昇することも太りやすさの原因とされます。血糖値が急激に上昇すると、膵臓から大量のインスリンが分泌され、血糖値を下げる働きをします。この際、血糖値を下げるために余分なエネルギーが脂肪として貯め込まれる可能性があります。


さらに、糖質の摂取によって食欲が増すというメカニズムも太りやすさに関与しています。糖質を摂ることで脳内の快感物質であるセロトニンが分泌され、食欲を抑制する作用が働きます。しかし、糖質を制限するとセロトニンの分泌量が減り、食欲が増す可能性があります。


以上のように、糖質は摂り過ぎや過剰なエネルギー摂取によって脂肪として蓄積されやすく、血糖値の上昇や食欲の増加にも関与しているため、太る原因とされるのです。しかし、適度な糖質の摂取やバランスの良い食事、適度な運動を行うことで、糖質の摂取による太りを予防することができます。

 

埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分のパーソナルトレーニングジム

Commentaires


特集記事
最新記事
bottom of page